〜十握剣・刀・短刀〜
 
名称所持者出典説明その他
天之尾羽張
(あめのおはばり)
イザナギ
スサノオなど
古事記
日本書紀など
神々が使用した剣
人格を持つ剣自体が神である霊剣
十握剣
(別名)天羽々斬
 (あめのはばきり)
(別名)天蝿斫剣
 (あめのはえきり)
(別名)伊都之尾羽張
 (いつのおはばり)
天叢雲剣
(あめのむらくものつるぎ)
大和武尊
歴代天皇
古事記
日本書紀など
八峡大蛇の尾より獲得された剣(別名)草那芸剣(草薙の剣)
 (くさなぎのつるぎ)
薄緑
(うすみどり)
牛若丸
(源義経)ほか
源平盛衰記ほか牛若丸と弁慶が用いた刀
鬼切
(おにきり)
渡辺綱(民間伝承)鬼を斬り裂く刀(別名)髭切
 (ひげきり)
鬼丸国綱
(おにまるくにつな)
北条時政(民間伝承)鬼を斬り裂く刀
天下五剣の一つ
瓶割
(かめわり)
伊藤一刀斎、ほか史実瓶に入った強盗ごと両断した名刀(別名)瓶割刀
 (かめわりとう)
蜘蛛切
(くもきり)
源頼光民間伝承巨大な土蜘蛛を退治した刀(別名)膝切
 (ひざきり)
木枯
(こがらす)
敬虔な猟師
平忠盛
源平盛衰記ほか天照大神が授けたとされる刀
立て掛けていた木を枯らした事よりこの名がつく
忠盛に渡ってから、主を襲う大蛇を斬る為に独りでに鞘走った事より、抜丸という名も付く
別名:「抜丸」
(ぬきまる)
小烏丸
(こがらすまる)
平家一門ほか源平盛衰記ほか八咫の烏が授けし霊刀
小狐丸
(こぎつねまる)
九条家ほか謡曲【小鍛冶】ほか名刀匠と稲荷の神が作り上げた名刀
虎鉄
(こてつ)
近藤勇ほか史実新撰組局長"近藤勇"の剣
(実銘)清麿
 (きよまろ?)
七支刀
(しちしとう)
所有者無し日本書紀古代と現代をつなぐもの
数珠丸恒次
(じゅずまるつねつぐ)
史実天下五剣の一つ
大典太光世
(だいでんたみつよ)
加賀前田家ほか史実豊臣秀吉が愛蔵した刀工"光世"作の剛刀
贋作や襲名した弟子の刀工の作品と見分けるために「大」と付けて見分けるようになった
天下五剣の一つ
(別名)三池典太光世
(みいけでんたみつよ)
(別名)大典太
(だいでんた)
童子切安綱
(どうじきりやすつな)
源頼光民間伝承酒天童子を斬った刀
天下五剣の一つ
十握剣
(とつかのけん)
イザナギ、スサノオ、など古事記、日本書紀など八又大蛇を退治した神剣(別名)天羽々斬
 (あめのはばきり)
布都御魂
(ふつのみたま)
建御雷神、神武天皇古事記、日本書紀など現代に蘇る”神殺し”ゴッドスレイヤー(別名)佐士布都神
 (さじふつしん)
布都斯魂
(ふつしみたま)
建御雷神、神武天皇古事記、日本書紀など布都斯の魂が込められている神剣
詳細は不明
蛇足:布都斯はスサノオと言う説もある
 
正宗
(まさむね)
さまざま史実日本刀の代名詞さまざま
三日月宗近
(みかづきむねちか)
史実天下五剣の一つ
村雨丸
(むらさめまる)
犬塚信乃南総里見八犬伝流れるように斬る事が出来、血糊が付かない名刀
村正
(むらまさ)
さまざま史実徳川家を祟った血に飢えた魔剣さまざま
物干棹
(ものほしざお)
佐々木巖流
(佐々木小次郎)
二天記達人佐々木小次郎の剣(実名)備前長船長光
 (びぜんおさふねながみつ)
雷切
(らいきり)
立花道雪民間伝承雷に打たれた木諸共断った刀


戻る


inserted by FC2 system