〜オリジナルの武器〜

ここは皆から寄せられたオリジナルの武器が置いてあります。現在50
名称
(読み)
武器形状長さ
(刃渡)
重さ
この武器についての説明・備考・補足など

考案者
ウルクス
(Ulucus)
形状=特殊刀長さ=77cm
(刃渡=61cm)
重量=
1.0kg
梟の名を関する黒塗りの忍刀
一見直刀ではあるが浅い反りがあり刀身は通常の刀より若干厚め
樋に仕掛けがあり、刃音が一切しない
峰向きの鍔にはトンファー状のサイドハンドルが取り付けられている

考案者:刃物好きな鈍器使い 殿

鎚蜴
(ツチグモ)
形状=篭手57cm
(8cm×2)
重量=
1.4kg
巨大な蜘蛛の形状をした戦闘用篭手
全長18cmの節足が8本収納されている
節足には細身の刀身が搭載されており、鍔迫り合いのときなどに展開、相手を加傷する
無論防具としても使用可能

考案者:刃物好きな鈍器使い 殿

百鬼丸
(ひゃっきまる)
形状=太刀長さ=95cm
(刃渡=80cm)
重量不明
百匹の鬼神の妖力の源である角を溶かして作った刀で、この刀を持つと鬼のような強さになるが、意思の弱い者が持つと邪悪な鬼に変化する妖刀

考案者:たまご 殿

桜花
(おうか)
形状=太刀長さ=95cm
(刃渡=80cm)
重量不明
本当の刀の名前は不明
この刀の持ち主が桜花と言う女剣士の名前だから、その名前が付けられている

考案者:たまご 殿

双刀白夜
(そうとうびゃくや)
形状=特殊小太刀長さ=61cm×2本
(刃渡=30cm×2本)
重量=0.4kg×2本
鞘と柄が一体となった二本の小太刀
鍔は無く普段は一本の棒として持ち歩ける

考案者:鶚 殿

洋刀朝月夜
(ようとうあさづきよ)
形状=特殊太刀長さ=114cm
(刃渡=92cm)
重量=1.0kg
刀身自体は日本刀だがデザインが西洋の剣をしてる

考案者:鶚 殿

打棒夙夜
(だぼうしゅくや)
形状=特殊釘バット長さ=130cm重量=1.7kg
表面に大量の釘を打った釘バット。持ち手にはグリップテープが巻いてあり、心棒として鉄パイプを入れておりパイプ内は空洞にせずしっかりアオダモを詰めてある

考案者:鶚 殿

斬糸可惜夜
(ざんしあたらよ)
形状=糸/手袋長さ=1500cm重量=種類により様々
極細のワイヤー
玄人ならそのまま投げて鋼すら切断するが、基本的に突起などに引っ掛けて使う
専用の手袋の右手首の部分にリールが付いており小型のモーターで巻き取ることが可能。
また仕様するワイヤーは交換可能で重さや強度を変えることができ、多種多様な攻撃パターンを使える

考案者:鶚 殿

ソードスタッフ
(SwordStaff)
形状=仕込み杖長さ=80cm
(刃渡=50cm
柄=30cm)
重量=7.0kg
その名の通りの仕込み杖で魔術師などが持つ杖を仕込み杖にしたもの
魔術を行ううえでの精神力を高める寄代でありながら物理的な威力を求めたもの

考案者:おかちゃん。 殿

ナインジョイントハルバード
(NineJointHalbard)
形状=鉾槍長さ=235cm
(刃渡=
斧30cm
剣身=33cm)
重量=4.0kg
通常のハルバートに九節棍の機構を組み込んだもの
癖があるが使いこなせれば遠心力を利用して高い威力を発揮できる

考案者:おかちゃん。 殿

冥界の王に封印された槍
(めいかいのおうに
ふういんされたやり)
形状=三叉槍長さ=150cm
(刃渡=?cm)
重量=?kg
大理石すら貫くことが出来る三叉の槍
この槍の本当に恐ろしい能力はこの槍に刺された者は肉体どころか魂も破壊され、未来永劫転生することが出来なくなる魂破壊の力
不老不死の人間や怪物を倒すことが出来る唯一の武器
だがあまりの恐ろしい武器なので、冥界の王の手によって永久に封印される

考案者:たまご 殿

軍神に剣向けるもの
(アンチアレス)
(AntiAres)
形状=鉾槍スコーピオン(可変)

軟器械スコーピオンテイル
の複合型殻竿状武器
長さ=163cm
(刃渡=31cm)
重量=2.1kg
蠍の尻尾を模した鉤を有する鉤鎌槍
深紅の穂先は常人ならショック死するほどの激痛を与える呪いが掛けられている
その呪いは感覚を植え付け、例え痛覚の無いものでも激痛を与え得ることが可能
ギミックを開放すれば鉤と穂先が独立、鎖によって繋がれた軟器械、スコーピオンテイルとして作動する

考案者:刃物好きな鈍器使い 殿

蟇神
(ヒキガミ)
形状=三枚打弓長さ=271cm重量=7.0kg
竹・榊そして玉鋼をふんだんに使用した理不尽な重量の和弓
その姿は既に人間が使用出来る類の武器ではない
張力は70kg(通常は強くても16kg程度・欧州の長弓でも35kg程度)にも及ぶ
元より矢を射るようには出来ておらず、引目という弦を弾く儀式に使われていたもの
本来、こんな物を射れば射手も弓も持たず壊れるはずだが不思議な事に何度射っても壊れることはない
ちなみに一人では射ることが出来ないので二人掛かりで射ることになる

考案者:刃物好きな鈍器使い 殿

疋守
(ヒキガミ)
形状=弾弓長さ=70cm重量=2.7kg
上記「蟇神」を実戦向けに製作、改良した弦中央に取り付けられた椅子によって弾体を高速で射出するスリングショット
かなり小型化しており通常の短弓にかなり類似した形状ではあるがその性質状弓矢を射ることは不可能になった
通常の鉄弾以外にも火薬、刃片など多数の弾丸を打ち出す事が可能
銃器と比べ、音も静かで扱いやすい
オリジナルと比べ随分とパワーダウンしたがそれでも張力は31kg

考案者:刃物好きな鈍器使い 殿

ミスフランシスカ
(Miss Francesca)
形状=騎斧長さ=61cm
(刃渡=21cm)
重量=1.1kg
馬上でも振り回せるように軽量化された装飾付きの戦斧
花をあしらったやや上向きの刃部とイバラの蔦を模した柄が特徴的
柄に生えた細かい棘は篭手に引っ掛かり、手から離れ難くなる効果がある
素手で触ると怪我をするのはご愛嬌のようだ

考案者:刃物好きな鈍器使い 殿

墓標
(ぼひょう)
形状=エストック長さ=68cm重量=1.1kg
短身極太の突き剣
一見十字架にしか見えない
鋼鉄の一枚打ちで恐ろしく頑強に作られており、滅多な事では傷付く事は無い
厚みのある十字鍔(キヨン)はサイドハンドルにもなり、トンファーのような立ちまわりも可能
非常に重く、慣れるまで扱い難いが扱いこなすと強力な得物となる
また、作りが簡単でオーダーメイドなのに安価なのも魅力

考案者:刃物好きな鈍器使い 殿

勝利者の剣
(a Victor Gladius)
形状=グラディウス長さ=65cm
(刃渡=55cm)
重量=1.5kg
その名のとおり勝利した剣闘士に送られる剣であり、その剣は威力などよりも栄光をたたえるためのものであるために豪華な装飾品が施されている

考案者:おかちゃん。 殿

鬼切
(おにきり)
形状=太刀・打刀・小太刀・
脇差・短刀・手裏剣…など
長さ=さまざま重量=さまざま
鬼切とは鬼を切るために作られた刃物の総称であり形状用途長さにより打刀以上の刀剣は鬼丸(おにまる)、短刀から小太刀までを鬼牙(おにきば)、手裏剣などの投射刃物を鬼爪(おにつめ)、それ以外の刃物を鬼角(おにつの)と呼び分ける
素材は通常の玉鋼であるが鬼の牙・角・爪・骨などを混ぜて人外の者に通用しやすくしている

考案者:おかちゃん。 殿

寸鉄終夜
(すんてつよもすがら)
形状=寸鉄長さ=19cm重量=195g
棒身六角で直径が約14mmの鋭い寸鉄
環に3m程の極細ワイヤーが結んであり、専用の指輪がリールの役目を果たす

考案者:鶚 殿

十手雨夜
(じってあまよ)
形状=三叉十手長さ=60cm重量=1.2kg
右手用の三叉十手
持ち手も右手向けに成形してある
先端部は鋭く磨いであり打撲だけでなく刺突に使える
左手用の十手雪夜と共に二刀流の如く使われる

考案者:鶚 殿

十手雪夜
(じってゆきよ)
形状=十手長さ=50cm重量=0.8kg
左手用の十手
持ち手も左手向けに成形してある
先端部から10cm程は簡単な刃になっており刺突や斬撃にも使える
右手用の十手雨夜と共に二刀流の如く使われる

考案者:鶚 殿

短剣烏夜
(たんけんうや)
形状=短剣長さ=45cm
(刃渡=35cm)
重量=0.5kg
片刃の短剣
峰側は鍔元が無く刀身に親指を当てる溝が掘ってある
柄頭に長さ50cmの細い鎖が付いており、鎖の先端は指二本が通る位の輪になっている

考案者:鶚 殿

糸鋸朧月夜
(いとのこおぼろづくよ)
形状=糸鋸長さ=80cm重量=0.1kg
刃のだけ硬度が高く峰側が柔軟性に富んだ素材を使用している
鋸の部位だけなので軽い
手袋をして鞭の様に使い、相手に絡ませ一気に切り刻む
普段はベルトの辺りに巻きつけておく

考案者:鶚 殿

不缺
(カケズ)
形状=鉄刀長さ=132cm
(刃渡=91cm)
重量=5.3kg
打ち刀拵え『不毀』の兄弟に当る武器
通常の鉄刀では考えられないほどの長さと重さを誇る
本来は兜割と呼ぶ事もあるタイプの軽量打撃武器だが大きさが規格外なので全くの別物と考えたほうが良い
鍔元の鉤を廃しており、強度も高く破壊力にも富むが間合いを詰められると弱いという弱点もある

考案者:刃物好きな鈍器使い 殿

ハルピュイア
「疾風」

(Harpuia"Aello")
形状=ハルペー長さ=61cm
(刃渡=36cm)
重量=0.3kg
全ての光を吸収する漆黒の刀身を有する鉤爪状の内湾刀
切っ先を引っ掛け、掻き切る為の武器
極端に軽量な為扱うには熟練を要する
「アエロ」と言う名の精霊が宿っており、剣の軌道を変え、刃筋を補正する能力を有する
剣跡には白い羽毛が舞う

考案者:刃物好きな鈍器使い 殿

ハルピュイア
「迅風」

(Harpuia"Okyupete")
形状=ハルペー長さ=61cm
(刃渡=36cm)
重量=0.3kg
鏡の様に磨き抜かれた鉤爪状の内湾刀
切っ先を引っ掛け、掻き切る為の武器
極端に軽量な為扱うには熟練を要する
「オキュペテ」と言う名の精霊が宿っており、投擲した際に持ち主の手の中に戻ってくる
剣跡には灰色の羽毛が舞う

考案者:刃物好きな鈍器使い 殿

ハルピュイア
「荒風」

(Harpuia"Kelaino")
形状=ハルペー長さ=61cm
(刃渡=36cm)
重量=0.3kg
艶消しを施した純白の刃が特徴的な鉤爪状の内湾刀
切っ先を引っ掛け、掻き切る為の武器
極端に軽量な為扱うには熟練を要する
「ケライノ」と言う名の精霊が宿っており、使用者の生命力を燃やして瞬間的だが斬撃速度が十倍に加速する
剣跡には漆黒の羽毛が舞い辺りを闇で包み込む

考案者:刃物好きな鈍器使い 殿

ハルピュイア
「業風」

(Harpuia"Podarge")
形状=ハルペー長さ=61cm
(刃渡=36cm)
重量=0.3kg
無色透明の硝子細工の様な鉤爪状の内湾刀
切っ先を引っ掛け、掻き切る為の武器
極端に軽量な為扱うには熟練を要する
「ポダルゲ」と言う名の精霊が宿っており、接触時に強烈な風斥力を発生させ相手を吹き飛ばす
剣跡には刀身と同じく硝子の様な透明な羽毛が舞う

考案者:刃物好きな鈍器使い 殿

彼方
(かなた)
形状=大鎌長さ=145cm
(刃渡=60cm)
重量=2.6kg
長い柄の先に軽い反りのある刀身を取り付けた大きな鎌
この鎌の刀身に触れた者は5〜6時間程遠近感が狂い、全ての物が遠くに見えてしまいまともに行動ができなくなる

備考:感覚干渉

考案者:鶚 殿

常方
(とこしえ)
形状=大鉈長さ=234cm
(刃渡=55cm)
重量=2.2kg
長い柄の先に美しい装飾を施した大鉈
この大鉈の刀身に触れた者は15分程時間感覚が狂い、その15分間が何十年もの歳月に感じてしまい、精神的な問題から肉体的に影響を与える事もある

備考:感覚干渉

考案者:鶚 殿

何方
(いずち)
形状=戦斧長さ=148cm
(刃渡=29cm)
重量=2.9kg
目立った装飾の無い戦斧
この戦斧の刀身に触れた者は72時間方向感覚及び位置感覚が完全に麻痺する

備考:感覚干渉

考案者:鶚 殿

其方
(そなた)
形状=方天戟長さ=213cm
(刃渡=34cm)
重量=3.4kg
柄に簡単な装飾を施した方天戟
この方天戟の刀身に触れた者は24時間対人記憶能力と対人識別能力が完全に麻痺する

備考:感覚干渉

考案者:鶚 殿

千本桜
(せんぼんざくら)
形状=打刀長さ=180cm
(刃渡=135cm)
重量=3.0kg
血流しの部分に桜の花びらが刻まれた切先諸刃造りの日本刀
敵を斬った際に刻まれた花びらのふちが赤く染まり、さも桜が乱れ咲いたように見えることからこの名前がつく
存在が知られてから半世紀以上行方がわからず梅雨の六月に滅んだ農村で見つかった事から長摘隠至不明村雨(ながつもかくれにしあけることなきむらさめ)と呼ばれることもある
刀剣として以外に特別な力はない

備考:別銘=【長摘隠至不明村雨】
(ながつもかくれにしあけることなきむらさめ)

考案者:名乃葉 殿

朱桜
(あけさくら)
形状=小太刀長さ=80cm
(刃渡=65cm)
重量=0.5kg
妖刀と言われる前の血桜美しい桜吹雪のような美しい刀身・鉄をも切ることが出来るすさまじい切れ味そして血糊が着くことのない刀でありさまざま人がこの刀を追い求めたことから血を呼ぶ刀といわれ続けそして最後には商家の家の一家心中に使われたため妖刀といわれるようになった
妖刀との違いは妖刀には簡単に振り回せないように柄を短くし豪華な装飾を施して飾るためのものにされている

考案者:おかちゃん。 殿

凶厭魅刃
〜土蜘蛛〜

(まがつえんみのやいば つちぐも)
形状=槌長さ=180cm重量=不明
厭魅家が使う呪殺武具、すべての呪殺武具を封印することの出来る力を秘めた槌
封印できるものは厭魅の呪殺武具以外にも魔剣・禁呪など呪術関係のものすべてを封印することが出来る
封印されると珠に変えられる

考案者:おかちゃん。 殿

厭魅神意依代
〜御巳差口神〜

(えんみかむいよりしろ おみしゃぐち)
形状=鞭長さ=30cm重量不明
厭魅家の呪殺武具の技術を応用して作られたもの
長さが短くはたから見ると武器として使えるのか?と思われる代物
この武器は鞭としてではなく比類なき力を持った風を操るためのものであり武器よりも風を操作するための呪具と言ったほうがいい
この鞭が操る風は神風でありこれを防ぐには人外の力神といわれる存在の力をもってしてでないと打ち破ることが出来ない

備考:使役風属性

考案者:おかちゃん。 殿

厭魅神意依代
〜岐神〜

(えんみかむいよりしろ〜くなとかみ)
形状=杖長さ=90cm重量不明
黄泉とこの世を分かつ神の名を模された杖
効果はありとあらゆるものを通さない聖域を作り出すことが出来る効果範囲は数kmにも及ぶ

備考:帯聖属性

考案者:おかちゃん。 殿

サイスサーベル
(ScytheSabre)
形状=サーベル長さ=120cm
(刃渡=100cm)
重量=2.4kg
サイスの名が示す通り刀身は鎌を垂直に仕立てたもので逆半曲刀のサーベル
魔の者に対して有効な武具

備考:特効対魔

考案者:おかちゃん。 殿

対消滅刀
(ついしょうめつとう)
形状=打刀長さ=80cm
(刃渡=60cm)
重量=0.8kg
とても威力が高い刀、しかし一度切ると対象物と対消滅を起こす。この刀は対消滅を起こす代わりに絶大な力を得ているために対消滅しない処置を施すとただのなまくら刀の威力程度しか持ちあわせない

備考:対消滅とは…
素粒子の反応で、ある粒子とその反粒子の組が消滅して別種の粒子が生成される現象

考案者:おかちゃん。 殿

カラーイクシオン
(Color Ixion)
形状=細剣長さ=175cm
(刃渡=148cm)
重量=1.0kg
見た目は完全に十字の形をしていて装飾などは全く無い細身の剣
ただ握りから刀身までが全ての色彩を携えており虹色の様になっている
その彩りのなかに存在しない色は無い
人の手により作られた物では無いために非常に軽い
剣の切れ味や頑丈さなどは人間の名工が創る武器と大差ないが「悠久に彩る、星の息吹よ」のコマンドワードを唱えることで担い手の回りに煌めく風を起こしこれは全ての色彩があらゆる力の奔流を霧散させる
きわめて強力な防御手段で防御的な面において類まれなる能力を有す
この剣の前では熟練のウィザードでさえ無力な人間と化すだろう

備考:使役光属性
    使役風属性

考案者:名乃葉 殿

テラクシアシャイン
(Terraxia Shine)
形状=バスタードソード長さ=300cm
(刃渡=250cm)
重量=7.2kg
厚みよりも長い刀身を持たせたバスタードソード
握り・刀身・鞘にいたるまで豪華な装飾、細工が施されていて一見儀礼用の装飾剣に見えるが実は緻密な計算の元に施された古代魔法技術の結晶でもある
これはシャイングラスと呼ばれる月の光を魔力で擬似的に固定化したものを剣に仕立てたもので夜、月や星が出ている時にこの剣は真価を発揮する
担い手が習得している基本的な詠唱を必要とする魔術(中級以下にかぎる)意思のみでを瞬間発動させられる他、魔力増幅のサーキットとしても強い効果を発揮する
主に魔法戦士が使うものだがその大きさゆえに使用するものは少ない
魔法技術の発達により魔力増幅のアイテムが普及したためにこの素晴らしき古代の遺産も見た目通り、ただの装飾剣となっている

考案者:名乃葉 殿

バビロンの鍵
(Babylon'sKey)
形状=宝玉長さ=10〜600cm重量=10g
ソロモンの鍵と同じ製法で作られた魔道具
通常形態は小さな珠でネックレスの装飾品として収められていて戦闘時には10cm程度の大きさで使用者の魔力を高める効果がある
この宝玉自体はありとあらゆる魔法を倍化して打つことができる
魔力増加装置以外の使い方として魔力の鎖をつくりモーニングスターのような武器にして使うことができる

考案者:おかちゃん。 殿

双剣拵え二刀
「綴」

(そうけんごしらえふたたち
「つづり)
形状=打ち刀長さ=87cm
(刃渡=63cm)
重量=0.8kg
二刀一対で一つの鞘に収める双子の妖刀の片割れ
銘は『絲重(いとしげ)』
斬った者の精神に痛みを書き加えることにより肉体に傷を錯覚させ実際にダメージを与える能力を持つ
切れ味は鈍く刀身は厚い

考案者:刃物好きな鈍器使い 殿

双剣拵え二刀
「啜」

(そうけんごしらえふたたち
「すすり)
形状=長さ=87cm
(刃渡=63cm)
重量=0.65kg
二刀一対で一つの鞘に収める双子の妖刀の片割れ
銘は『絲重(いとしげ)』
刀身が肉に食い込めば深く刻まれた樋から大量に血液を吸収し持ち主に与える能力を有する
切れ味は鋭く刀身は薄い

考案者:刃物好きな鈍器使い 殿

アングイスレオ
(Anguis Leo)
形状=シャムシール長さ=102cm
(刃渡=64cm)
重量=1.6kg
鬣を蓄えた奇妙な蛇をあしらった護拳が特徴な火焔形軍刀
反りの深い波状の刀身は斬り付けた相手の傷口を少ない抵抗で広げる事に適している
両刃で内側も刃として機能しており掻き切るように斬り付けても威力を発揮する

考案者:刃物好きな鈍器使い 殿

巳垂れ蟒蛇
(みだれおろち)
形状=太刀拵え契り木長さ=336cm重量=4.031kg
野太刀に偽装した長大な鎖鞭
先端には六角柱の分銅が取りつけられている
普段鞘に内蔵されており居合いの要領で一気に引き抜くことによって鞘が割れ、鎖が開放される
威力も高く恐ろしく長い間合いを攻撃できるが非常に扱い難く入り組んだ場所での使用は不可能
納刀にも時間がかかり余程の手練でないと扱いこなす事は不可能とされている

考案者:刃物好きな鈍器使い 殿

雪露
(ゆきつゆ)
形状=打ち刀長さ=90cm
(刃渡=65cm)
重量=0.9kg
白鞘の打ち刀
刃文は乱れ刃・丁子
雪のように白く露にぬれたように輝くことからこの名前がつけられた
名も無き刀匠の作品であるが切れ味もよく業物のひとつに数えられている
無銘の刀だが刃文と刀身の美しさ切れ味のよさから蒐集家及び武芸者に人気の刀
白鞘は柄は朴の木、鞘は樫の木でできている
これは鞘に収めたまま敵を打つ為そして木刀に偽装するためである

考案者:おかちゃん。 殿

フツノミタマ形状=太刀(柄のみ)長さ=30cm重量=0.8kg
チャクラを刃に変えて戦う武器
使用者のチャクラの開放具合によって刃の長さが変わる
チャクラがすべて開放されていると薄いバリアを形成して使用者の防御力も上げることができる
武器分類名称としてはサイキックブレイド(通称サイブレイド)龍門剣
布津御霊の分霊して布津御霊の力を入れたためフツノミタマと命名されている

考案者:おかちゃん。 殿

ベイシスエンド
(Besis End)
形状=カタール
(ジャマダハル系統)
長さ=60cm
(刃渡=28cm)
重量=1.7kg
イグドラシルによって清められた水で精錬されたカタール
刀身に相手の存在情報を読み取る力が宿っていて、相手に触れた瞬間にその存在情報を書き換えこの世界に存在しないという事にすることで相手の存在を世界から否定させパラドックスによる負荷が相手の全ての力をそぎ取っていく
存在そのものの矛盾によるパラドックスは莫大な負荷を生みどんな相手でもその呪縛からは逃げられない

考案者:名乃葉 殿

幻楼剣
(げんろうけん)
形状=脇差(?)長さ=50cm
(刃渡=35cm)
重量=?kg
普通の脇差に見え、切れ味は最低。しかし、この剣は相手の精神をコントロールすることが可能
相手の脳の中身(考えていることや本人は忘れてしまった脳の記録)を自由に見ることや相手を自分の指示に動く人形にすることも可能
あまりにも危険な剣なので人が知らない所に封印されたと言わている

備考:精神干渉

考案者:たまご 殿

inserted by FC2 system